前回の続きです。いよいよ巷で言うところのアマ初段レベルになってまいりました!詰将棋を解く際のぼくの持論ですが、「9手詰めを解くのが苦にならない人」、そういう域に達している人は初段の棋力があるのでないかと思っています。