でも詰将棋だって、新聞や週刊誌に載っている問題ならある程度の将棋ファンは考えてみるかもしれないが、詰パラレベルになると、解く気になる人はほんの一握り。詰パラの読者に限定しても、大学院とか解く人は1割もいない。あとの人は柿木将棋に解かせて ...